有料老人ホームとは

有料老人ホームは、主に民間の企業によって運営されており、介護付・住宅型・健康型の3つのタイプがあります。ご入居者様の対象となる方はホームによって異なりますが、概ね65歳以上で、自立の方から要支援、要介護の方まで幅広く入居することができます(「健康型」を除く)。また、空室があればすぐに入居することもできます。日々の生活を快適に過ごせるようにサービスが配慮されており、居室は基本的に個室となり、プライバシーが守られています。

特別養護老人ホームとは

特別養護老人ホームは、介護老人福祉施設とも呼ばれ、社会福祉法人や地方自治体が運営する公的な施設です。略して「特養」と呼ばれる施設をお探しになる方も少なくありませんが、誰でもすぐにご入居ができるわけではありません。ご入居の対象となる方は、65歳以上で要介護3~5の認定を受け、常に介護が必要な状態で自宅での介護が困難な方ですので、寝たきりや認知症など比較的重度の方、緊急性の高い方の入居が優先となります。そのため、ご入居待ちの方が非常に多く、全国の入居待機者数は約40万人とも言われています。ご入居までに早くて数ヶ月、長い場合だと10年ほどかかることもあります。また、「特養」の特徴として、公的な施設のため低料金で利用できますが、個室ではなく相部屋になることが多く、民間の老人ホームほどサービスが充実していない面もあります。

サービス付き高齢者向け住宅とは

サービス付き高齢者向け住宅とは、介護不要な高齢者、もしくは要介護度の低い高齢者のための介護施設のことを言います。略して「サ高住」や「サ付き」とよく言われているのも特徴です。 介護施設と言うと、食事、入浴、排泄など日常的な介護を担ってくれる施設のことを指す場合が多いです。 しかしこれに対してサービス付き高齢者向け住宅は違います。ご入居者様のほとんどが日常的な介護が必要ないため、介護サービスは別の契約が必要です。

高齢者向け施設の種類
高齢者向けの住まいにはさまざまな種類があります。

有料老人ホーム

食事・清掃、身体介護、リハビリなど、施設スタッフによる幅広いサービスが受けられる施設

特別養護
老人ホーム

(特養)

重度の介護を必要とする方が少ない費用負担で長期負担で長期入居できる公的な介護施設

サービス付き
高齢者向け住宅

(サ高住・サ付き)

見守り、生活相談サービスがついた高齢者向けの賃貸住宅

さまざまな条件・ご希望をかなえられるのは「有料老人ホームです」

有料老人ホーム 特別養護老人ホーム サービス付き
高齢者向け住宅
運営母体 主に民間企業 地方公共団体
社会福祉法人
主に民間企業
費用 中〜高 中〜高
入居対象者 自立・要支援・要介護 要介護3以上 自立・要支援・要介護
待機者
介護が必要になってからの 住み替え そのまま居住可能 転居の可能性あり
居室タイプ 原則個室 多床室(相部屋)が多い 原則個室
職員体制
(常勤換算)
3:1以上 3:1以上 常駐介護スタッフなし